大塚HD、19年度もコア領域の新規パイプラインと新規事業を強化

 大塚ホールディングス(HD)は、2019年2月13日、2018年12月期決算説明会を開催した。同社の樋口達夫社長は、2014年度から2018年度までの第2次中期経営計画の総括と、次期の中計の方向性について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)