東京大学医科学研究所先端医療研究センター先端がん治療分野(同研究所附属病院脳腫瘍外科)の藤堂具紀教授らは、2019年2月13日、遺伝子組換え癌治療用ウイルスG47Δの医師主導治験(フェーズII相当)で、13例を対象に中間解析を実施したところ、主要評価項目である1年生存割合が92.3%となったと発表した。この解析結果を基に、共同開発する第一三共は、国内で製造販売承認申請を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)