ソレイジア・ファーマ、赤字決算は続くも2020年度前半に黒字化も視野

 ソレイジア・ファーマは2019年2月13日、2018年12月期連結決算(IFRS)を発表した。売上収益は3億1800万円と前年同期に比べて22.4%減、営業損益も24億2000万円と営業赤字幅が14億円近く悪化した。それでも自社開発品の販売が始まる2019年12月期を荒井好裕社長は「大きな転換期になる」と位置付けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)