印刷する

閉じる

オンコリス、抗HIV薬OBP-601の権利の返還も視野

テロメライシンはチェックポイント阻害薬開発の企業に対し導出活動を行う方針
(2019.02.13 08:00)1pt
高橋厚妃

 オンコリスバイオファーマは、2019年2月8日、2018年12月期の通期決算説明会を開催した。ウイルス療法のテロメライシン(OBP-301)の他にも、抗HIV薬のOBP-601(Censavudine)などの今後の開発方針についても言及した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み