オンコリス、抗HIV薬OBP-601の権利の返還も視野

 オンコリスバイオファーマは、2019年2月8日、2018年12月期の通期決算説明会を開催した。ウイルス療法のテロメライシン(OBP-301)の他にも、抗HIV薬のOBP-601(Censavudine)などの今後の開発方針についても言及した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)