印刷する

閉じる

Sanofi社、血栓性血小板減少性紫斑病に米国でナノボディが承認

(2019.02.14 08:00)1pt
大西淳子

 米食品医薬品局(FDA)は、2019年2月6日、後天性血栓性血小板減少性紫斑病(aTTP)を適応症として、フランスSanofi社の「Cablivi」(caplacizumab-yhdp)を承認した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み