米食品医薬品局(FDA)は、2019年2月6日、後天性血栓性血小板減少性紫斑病(aTTP)を適応症として、フランスSanofi社の「Cablivi」(caplacizumab-yhdp)を承認した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)