PhRMA、「厚労省の医療技術評価導入現行案はイノベーション抑制」

 米研究製薬工業協会(PhRMA)のPatrik Johnson在日執行委員会委員長は、2019年2月7日、都内で会見を開催、その中で、厚生労働省が本格導入を目指している、ICER(増分費用対効果比)に基づく価値判断をベースとした医療技術評価(HTA)の現行案では、製薬企業のイノベーションを抑制し、ひいては患者を危険にさらすことになると警告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)