理研、クライオ電顕でヒストンに巻き付いたDNAを転写する仕組みを解明

転写・クロマチン制御の破綻による疾患メカニズムの解明につながる可能性も
(2019.02.12 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 ヒストンに巻き付いたDNAが、細胞内でどのように効率よく転写されているのか、1974年に初めてヌクレオソームが発見されて以来、様々な説が唱えられていたが、明確な答えは見いだせていなかった。理化学研究所生命機能科学研究センターの関根俊一チームリーダー、江原晴彦研究員、東京大学定量生命科学研究所の胡桃坂仁志教授、鯨井智也助教、理研横浜研の白水美智子チームリーダーらは、真核細胞の遺伝子発現を担うRNAポリメラーゼII(RNAPII)が、ヒストンに巻き付いたDNAをスムーズにほどきながら塩基配列を読み取り、RNAに転写する仕組みを解明した。40年来の議論に終止符を打つとともに、転写制御やクロマチン構造の破綻による疾患や老化のメカニズムの解明、さらには新たな創薬にもつながる基盤となる成果だ。Scienceに2019年2月8日、オンライン掲載された(誌面は15日号)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧