帝人とJCR、歯髄幹細胞のフェーズI/IIで急性期脳梗塞患者に投与開始

 帝人とJCRファーマは、2019年2月6日、他家ヒト歯髄由来幹細胞を用いた再生医療等製品「JTR-161」について、急性期脳梗塞患者を対象としたフェーズI/IIを開始し、第1例目の被験者に治験製品が投与されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)