印刷する

閉じる

米VLP社、ウイルス様粒子ベクターを用いたマラリアワクチンの臨床開始

(2019.02.07 08:00)1pt
川又総江

 VLP Therapeutics社は2019年2月4日、独自技術で開発したマラリアワクチン候補VLPM01の新薬臨床試験開始届(IND)が米食品医薬品局(FDA)により認可され、同年2月にフェーズI/IIaの患者登録を開始したことを明らかにした。同社初の臨床入り品目となった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み