ファルコホールディングスは、2019年2月6日、子会社のファルコバイオシステムズで発生した火災により、臨床検査処理に多大な影響が生じていると明らかにした。同日、火災の影響により、2019年3月期の連結業績予想を下方修正することも発表した。【訂正】当初の記事に、アストラゼネカのPARP阻害薬「リムパーザ」(オラパリブ)の適応を判定するために用いられている「BRCAAnalysis診断システム」についての記載がございましたが、ファルコバイオシステムズは同システム

の検査は手掛けておりません。検体引き受けを停止しているのは、BRCA1/2遺伝子検査です。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)