悪性黒色腫の遺伝子変異に応じた分子標的薬として、NRAS標的治療につながる化合物が同定された。米Boston University School of Medicine のRutao Cui氏らのグループによる研究成果で、2019年1月31日のCell誌オンライン版で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)