林原、75億円でプルランと酵素の新工場

 NAGASEグループの林原は、酵母ででんぷんから製造する水溶性の高い天然の多糖類であるプルランと、各種酵素を生産する新工場であるプルラン・酵素棟新(新P棟)の建設に2019年2月1日に着手したと、2月4日に発表した。投資総額は約75億円。2020年9月の竣工を予定している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)