米の合成生物学ベンチャー、組換え微生物の開発コストと時間を削減する方法について講演

 神戸大学バイオプロダクション次世代農工連携拠点は、2019年1月24日から25日にかけて、第10回国際シンポジウムを開催した。同シンポジウムでは、顧客の要望に応じて、高機能な物質を産生する組換え微生物を開発、製造プロセスを構築し、高機能な物質を発酵で生産する受託サービスを提供している米Amyris社のR&D and business lead VPのLishan Zhao氏が、発酵による生産のコストと時間を削減する方法について講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)