厚労省第一部会、タウリンに対してミトコンドリア病関連の効能追加を了承

 厚生労働省は、2019年1月31日、薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会を開催した。審議品目は大正製薬の「タウリン散98%『大正』」(タウリン)とゼリア新薬工業の「フェインジェクト静注500mg」(カルボキシマルトース第二鉄)の2品目で、いずれも承認が了承された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)