中外製薬、今後3年で後期開発品数は適応拡大含めて28品目に

 中外製薬は、2019年1月31日、2018年12月期決算説明会を開催。2021年度まで3カ年の新中期経営計画「IBI 21(INNOVATION BEYOND IMAGINATION 21)」を発表し、3カ年の間に、後期開発品数が適応拡大を含めて28品目に上るとの見通しを明らかにした。併せて、1品目以上の中分子プロジェクトの臨床試験入りと、継続して革新的な新規抗体改変技術の構築を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)