米Pfizer社と米Eli Lilly社は、2019年1月29日、欧州と日本で、変形性関節症(OA)で中等症から重症の疼痛がある患者を登録して行われた、ヒト化抗神経成長因子(NGF)モノクローナル抗体、tanezumabのフェーズIII試験で好結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)