広島大、ゲノム編集イノベーションセンターを設置

 広島大学は2019年2月1日、ゲノム編集イノベーションセンターを学内研究組織として設置する。1月25日に開催された広島大の第106回学長定例記者会見にて、越智光夫学長が発表した。同センターの設置場所は、広島中央サイエンスパークにある広島大の施設「広島大学イノベーションプラザ」内。センター長には、広島大学理学部の山本卓教授が就任する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)