微量血液検査のマイクロブロッドサイエンス、採血施設を300カ所へ

 微量血液検査事業などを展開するマイクロブロッドサイエンス(東京・千代田、岩澤肇代表取締役)は、2019年1月29日、記者説明会を開催。現在全国(都内)に15カ所しかない関連の採血施設を、2019年度末までに300カ所に増やし、10万人が利用できる規模とする考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)