German Center for Neurodegenerative Disease(DZNE)は、家族性アルツハイマー病(AD)家系の人々を対象に、血清中のニューロフィラメント軽鎖(NfL)値を経時的に測定し変化率を求めると、症状が表れるより何年も前に発症を予想できることを明らかにし、詳細をNature Medicine誌電子版に、2019年1月21日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)