製薬協、社会的価値など反映した新薬価算定方式を提言

 日本製薬工業協会(JPMA)は、2019年1月24日、イノベーションの一層の推進を目的とした環境整備と国民皆保険の持続の両立を目指すための「政策提言2019」を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)