塩野義、疼痛・神経領域で血液脳関門通るペプチド薬物複合体を開発へ

 塩野義製薬とペプチドリームは、2019年1月23日、血液脳関門(BBB)を通過させ医薬品の脳への移行性を高める基盤技術として、複数のペプチド薬物複合体(Peptide Drug Conjugate:PDC)を創製するための包括的な共同研究契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)