慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の本田賢也教授(理化学研究所生命医科学研究センターチームリーダー兼任)らを中心とする共同研究グループは、健常者の便中から、CD8陽性T(CD8T)細胞を活性化させる腸内細菌11菌株を同定し、単離した。11菌株をモデルマウスに投与したところ、病原性細菌に対する感染の抵抗性や、癌への免疫応答が強まることが分かった。同研究成果は、2019年1月24日、Nature誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)