東京医歯大、膵癌の予後不良型の原因を究明

HDAC阻害薬が効果を発揮するかもしれない
(2019.01.08 08:00)1pt
小崎丈太郎

 東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科分子腫瘍医学分野の田中真二教授、島田周助教、秋山好光講師、渡辺秀一大学院生の研究グループが、同ウイルス制御学の山岡昇司教授、同肝胆膵外科学の田邉稔教授らと共同で、膵癌の予後不良タイプにおけるKDM6A不活性化の意義を世界に先駆けて明らかにした。肺癌や乳癌で展開されているように、膵癌でも遺伝子変異による治療法の選択が可能になるかもしれない。同グループは国際科学誌International Journal of Cancerの2018年12月17日付のオンライン版で発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧