徳島大、新規ゲノム編集ツールnGTはヒト細胞でも機能

 徳島大学は、独自開発したゲノム編集ツールnGTがヒト培養細胞でも機能することを見いだした。2018年12月10日に都内で開催された広島大学卓越大学院プログラム×OPERA「ゲノム編集」産学共創コンソーシアムのキックオフシンポジウムで、徳島大学大学院社会産業理工学研究部の刑部敬史教授が「新規のゲノム編集技術をつくる」と題する研究紹介にて発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)