ブライトパス・バイオは2018年11月22日、2019年3月期第2四半期の決算説明会を開催。2018年5月に前立腺癌を対象としたフェーズIIIで主要評価項目が未達となったと発表したITK-1について、導出先である富士フイルムが開発を中止し、ブライトパス自体でも開発継続の考えはないことを明かした。ただし、これまでの資金調達により、56億円の現金を保有するなど財務状態が健全であることから、永井健一社長は「癌免疫分野は伸びているので、ここ2、3年は毎年20億円前後の研究開発費を投じてパイプラインを進捗させ、いち早くプレゼンスを確立したい」などと述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)