がん研究会、アピ、抗ポドプラニン抗体の開発計画がAMEDのACT-Mに採択

癌細胞の血小板凝集を阻害して新規の抗癌剤を目指す
(2018.11.15 08:00)1pt
小崎丈太郎

 がん研究会(東京・江東)と健康食品、医薬品製造受託会社であるアピ(本社:岐阜市)が進めている抗ポドプラニン(podoplanin)抗体開発プロジェクトが、2018年度の日本医療研究開発機構(AMED)募集の『「産学連携医療イノベーション創出プログラム」基本スキーム(ACT-M)』に、このほど採択された。がん研究会がん化学療法センターの藤田直也所長とアピは、ポドプラニンを中和するヒト化抗体の開発し、原発巣の縮小効果と転移の抑制効果とを兼ね備えた新規の抗悪性腫瘍薬の開発を目指す。藤田所長は「今回のACT-M採択を契機に抗体のヒト化とともに、臨床開発につながる充実した非臨床開発を進めたい」と語る。アピは非臨床の結果を基に、製薬企業への導出を図り、臨床開発を経て承認された際には、製造の受託を目指す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧