大塚製薬工場は、バイオベンチャーのAdipo Medical Technology(大阪府東大阪市、妹尾八郎社長)が開発中の他家脂肪由来多系統前駆細胞について、共同開発契約を締結。同社は2018年10月30日、国内で重症心不全を対象とした企業治験の開始を共同で目指すことを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)