広島大と国立がん研、川崎医大、TREEシステムで癌抑制遺伝子を強力活性化

癌遺伝子の活性化や再生医療用細胞作製のリプログラミングなどに応用
(2018.10.19 00:00)1pt
河田孝雄

 広島大学大学院理学研究科の佐久間哲史講師と山本卓教授らは、ゲノム編集ツールのCRISPR/Cas9を利用して、標的遺伝子を高度に活性化する新技術を開発した。国立がん研究センター研究所エピゲノム解析分野の牛島俊和分野長、川崎医科大学総合外科学講座の深澤拓也准教授らと連名で、米The CRISPR Journal誌にて2018年10月18日に発表した。佐久間講師らはこの新技術を「遺伝子発現増強のための3要素型の別用途化技術」を意味する「Three-Component Repurposed Technology for Enhanced Expression(TREE)」システムと名付けた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧