【寄稿】

CRISPR特許に対するCAFC判決が意味するもの

米国でsgRNAを利用する場合、Broad特許とUCB特許の両ライセンスが必要
(2018.10.19 08:00)1pt
南野 研人=辻丸国際特許事務所 弁理士

 2018年9月10日に、米国の連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)において、Broad研究所らのCRISPR特許群(US8,697,359等、以下、Broad特許)と、California大学Berkeley校らの特許(US13/842,859、以下、UCB特許)との抵触の有無について判断が下された。米国は医薬・バイオ分野の最大のマーケットであり、米国でのCRISPR特許に関する状況の変化はCRISPR-Cas9システムを利用した製品開発に影響する。そこで、CRISPR特許に対するCAFC判決の意義とその影響とについて、辻丸国際特許事務所の南野研人弁理士に解説してもらった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧