東大と理研、RNAポリメラーゼが染色体DNAを読み取る仕組みを解明

 真核生物の染色体ゲノムDNAがRNAポリメラーゼIIによって読み取られる仕組みを、東京大学と理化学研究所がクライオ電子顕微鏡を用いて解明し、Science誌にて2018年10月5日に論文発表した。染色体におけるDNAの折り畳みの破綻は、癌や精神・神経疾患、メタボリックシンドロームなどの発症と密接に関連している。これらの疾病の原因解明や治療法の確立に、今回の発見が重要な情報を提供しそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)