東京女子医科大学先端生命医科学研究所医学部歯科口腔外科学講座の岩田隆紀准教授、安藤智博教授らの研究グループは、2018年10月2日、他家の歯根膜由来間葉系幹細胞(MSC)シートの医師主導治験を開始すると発表した。対象は、重度の歯周炎患者だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)