ノーベル財団は10月3日、2018年のノーベル化学賞の受賞者として、酵素の指向性進化法を開発した米California Institute of TechnologyのFrances H. Arnold氏、ファージディスプレイ法を開発した、米University of MissouriのGeorge P. Smith氏と英MRC Laboratory of Molecular BiologyのGregory P. Winter氏の3人を受賞者に選んだと発表した(続報あり)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)