ノーベル賞の本庶氏、「Tリンパ球活性化し抗PD1抗体の効果を増強」

 ノーベル生理学・医学賞の受賞決定から一夜明けた、2018年10月2日、京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏は本誌の単独取材に応じ、抗PD1抗体が効かない患者に対するアプローチの1つとして、宿主のTリンパ球を活性化する手法が有用ではないかとの見方を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)