ノーベル賞受賞決定の本庶佑氏の論文被引用数

 京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏が2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まった。本庶氏の論文の被引用数を、米Clarivate Analytics社が公表している「ResearcherID」のデータによると、575報登録されている本庶氏の論文のうち、最も被引用数が多いのは、2000年にCell誌にて発表した活性化誘導シチジンデアミナーゼ(activation-induced cytidine deaminase;AID)の論文。被引用数は2099だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)