育種学会、環境省のゲノム編集カルタヘナ法の意見募集に声明

 日本育種学会は2018年10月1日、東京大学弥生キャンパス(東京・文京)にて記者会見を開き、「環境省による『ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理および取扱い方針について(案)』に関する意見募集についての育種学会からの声明」を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)