米Alnylam社、siRNA医薬patisiranを日本でも申請、19年半ばの承認へ

 米Alnylam Pharmaceuticals社の日本法人、Alnylam Japanは2018年10月1日、トランスサイレチン型家族性(hATTR)アミロイドーシスの治療薬として、RNA干渉(RNAi)治療薬であるpatisiranの新薬承認申請を厚生労働省に提出したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)