AWAKENS社、ゲノム情報サービス「Genomelink」の利用者が数万人

 米スタートアップのAWAKENS社(カリフォルニア州サンフランシスコ市)は、ゲノムデータに基づいて一般消費者向けに情報提供する「Genomelink」が、サービス開始から1年余りで会員数が数万人に達した。これを、9月28日に大阪で開催されたCBI学会講演会「Beyond the pill」で、同社の高野誠大CEO(最高経営責任者)が明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)