インテグリンを標的とする経口の低分子化合物を開発している米Morphic Therapeutic社は、2018年9月25日、8000万ドル(約91億円)を調達してシリーズBラウンドの資金調達を完了したと発表した。臨床試験開始許可申請(IND)が視野に入ってきたパイプライン2品目の開発推進に調達資金を投入し、2019年内には臨床試験を開始する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)