炎症性疾患に対する革新的な抗体医薬を開発している米AnaptysBio社は、2018年9月24日、抗IL33抗体であるetokimabのフェーズIIaで、投与を受けた重症好酸球性喘息患者に改善が見られていると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)