Amicus Therapeutics社は2018年9月20日、米Nationwide Children’s Hospital(NCH)と米Ohio State Universityが開発しているリソソーム蓄積症(ライソゾーム病[LSD])の遺伝子治療プログラム10品目を獲得したと発表した。Amicus社がNCHスピンアウト企業である米Celenex社の買収を介して全世界での開発権と商業化権を取得することでNCHと合意、Amicus社は契約一時金1億ドル(約113億円)を現金で支払う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)