米Stanford大学医学部のMichael Longaker氏の研究グループは、ヒト骨格幹細胞の単離に成功し、その自己増殖能と、骨、軟骨、海綿質への分化能を確認した。研究の詳細はCell誌オンライン版に、2018年9月20日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)