米食品医薬品局(FDA)は、心電計アプリケーションを内蔵するスマートフォンや遠隔医療などデジタルヘルスの進展に伴い、内部に新たな部局を開設し、有効かつ安全なデジタルヘルス機器やアプリ、医療機器間の通信システムなどの開発の促進や承認の迅速化を目指す。Scott Gottlieb長官が、2018年9月12日、医療機器・放射線保健部(CDRH)のJeff Shuren部長と共同で発表した声明の中で明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)