AGC(2018年7月より旭硝子から社名変更)は、2018年9月20日、同社の千葉工場内に、動物細胞用のバイオ医薬品の開発・製造受託(CDMO)設備を新設すると発表した。2019年第3四半期の稼働開始を目指す。同社が日本国内に動物細胞用の設備を建設するのは初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)