“ノーベル賞クラス”の研究者にKEGGの金久實・京大特任教授を選出

 米Clarivate Analytics社は2018年9月20日、引用栄誉賞として新たに17人を選出したと発表した。この賞は、学術論文の引用データ分析によって、ノーベル賞クラスと目される研究者を選出し、その卓越した研究業績をたたえるもの。02年から毎年9月に発表されている。17回目となる2018年は、日本人研究者1人を含む17人が受賞した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)