そーせいは、2018年9月19日、英Heptares社が開発し、アイルランドAllergan社と提携している選択的ムスカリンM1受容体作動薬、HTL0018318について、サルを対象にした長期毒性試験で毒性所見が認められたことから、両社で自主的に2本の臨床試験を中断すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)