特集連動◎低分子薬で核酸を標的に

阪大中谷氏、「ミスマッチ塩基対などに作用する化合物から低分子薬を」

(2018.10.01 08:00)1pt
久保田文

 大阪大学産業科学研究所の中谷和彦教授は長年、DNAやRNAの非相補的な(ミスマッチ)塩基対に結合する化合物の創製を手掛けてきた。最近、その中のある化合物が、ハンチントン病で異常伸長しているDNAのリピート配列の長さを短縮する可能性が示された。2018年8月20日、これまでの研究経緯や核酸を標的にした低分子薬の可能性について、中谷教授が本誌の取材に応じた(関連特集)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧