印刷する

閉じる

特集連動◎低分子薬で核酸を標的に

リボルナバイオサイエンス、mRNAを創薬標的に低分子薬を開発へ

(2018.09.27 08:00)1pt
久保田文

 リボルナバイオサイエンス(神奈川県藤沢市)は、2018年2月、武田薬品工業のアントレプレナーシップベンチャープログラム(EVP)を通じて立ち上がったベンチャー企業だ。独自のフェノタイプスクリーニング系を基盤技術とし、遺伝性希少疾患を対象に核酸を標的とした低分子薬の研究開発を手掛けている。2018年8月30日、CEOの富士晃嗣代表取締役、CSOの鈴木俊也取締役、CTOの小野宏司取締役が本誌の取材に応じた(関連特集)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み