腫瘍組織に見つかる、KRASのコドン12の点突然変異は、グリシンを他の6種類のアミノ酸に置換(G12X)する可能性が知られている。フィンランドEastern Finland大学などの研究者たちは、どのアミノ酸に置換されるかによってKRASの機能に違いが生じる可能性があることを示した。研究の詳細は、PLOS Computational Biology誌オンライン版に9月10日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)